妊娠中の食事は体にやさしい【母子に栄養いきわたーる】

妊娠したい場合

働く女性には妊娠は無理なのか

女性の社会進出が進む中、仕事でのキャリアを積むためになかなか妊娠に踏み切れないという女性は少なくありません。女性の場合、子供ができるとそう簡単に仕事を続けることができなくなりますし、時には育児休暇などで仕事に大きな穴を開けてしまうこともあります。育児休暇後に従来通りの仕事ができるかどうか、と聞かれればそうできない状況の人が多いため、どうしても仕事と子供どちらかをあきらめるしかなくなってくるのです。 特に、不妊治療を行う際にはこの、仕事との両立という面で非常に難しい問題が出てきます。というのも、不妊治療はできるだけ若いとき、出産適齢期である20代のうちから行うのがベストだとされています。ですが、この年代と言えば仕事が特に忙しく、場合によっては病院に通う時間さえ確保できないという人が多いのです。

不妊治療において必要なこと

とはいっても、やはり子供が欲しいという場合にはできるだけ早い段階での決断がかぎとなります。どんなに仕事でキャリアを積んで、実際に仕事に余裕が出てきたとしても、その時点ではすでに出産適齢期を過ぎ、妊娠自体が難しい体になってしまうのです。もちろん、人によっては不可能なことではないかもしれません。ですが、世間では35歳の壁といって、その年齢を越すと極端に不妊治療での解任率が低くなるという意見もあります。 医師によっては高齢の不妊治療、出産に対して難色を示すケースもあるため、将来的に子供が欲しいという人はできるだけ早い段階でこの問題について考えていかなければいけません。 もしも仕事を選択するにしても、そうすれば子供をあきらめなければならない可能性が出てくるということを十分に理解しておかなければいけないのです。

↑ PAGE TOP