妊娠中の食事は体にやさしい【母子に栄養いきわたーる】

助けになる

排卵検査薬の概要について

排卵検査薬をご存知でしょうか。 薬という文字なので、何か服用するイメージに思われるかもしれませんが、全く違います。 排卵検査薬とは排卵のタイミングを知るためのものです。 女性は排卵の直前に黄体ホルモン、通称LHが急激に上昇します。排卵検査薬はこのLH濃度をチェックするのです。LH濃度がピークになればそこから24時間以内に排卵が起こると言われています。 使い方は妊娠検査薬と似ています。スティック状の棒に尿をかけて数分待つだけです。 手軽で簡単に排卵日を知ることができるので、妊娠を望む女性に重宝されています。 排卵検査薬は薬局で購入できるので、簡単に入手できます。 値段は1本数百円〜1000円が相場です。海外生のものならさらに安く入手できます。

効果的な使用方法とタイミングについて

排卵検査薬は1日だけ使っても、陽性なのかどうか良く分からない場合があります。 ですので何箱かまとめて購入しておきましょう。排卵が近づいて来たら、何日か連続して使用すれば比較することができるので、より排卵日が特定しやすくなります。そうすればある程度排卵日の予測は可能ですね。 ですが排卵日を特定することにこだわっても、性交渉のタイミングが合っていなければ妊娠には至りません。 では妊娠を望むカップルは、どのタイミングで性交渉をすればよいと思われますか。 排卵日を過ぎてからと思う方もいるかも知れませんが、それでは少し遅いようです。 女性が一番妊娠しやすいのは、実は排卵日の2、3日前なのです。 ですから排卵検査薬が陽性になり、排卵が近づいているわかった時点で、すぐタイミングをとるといいでしょう。

↑ PAGE TOP